土屋つかさの技術ブログは今か無しか

土屋つかさが主にプログラミングについて語るブログです。

#unity "Universal RP(旧LWRP)"という名称は7.1.7から"URP"に統一されるっぽい

 ドキュメントを見てて気づいたんですが、Universal RPは7.1.7から、"URP"が正式な略称(?)になったぽいです。

 Unity2019.2までLight Weight Render Pipeline(LWRP)と呼ばれていたレンダーパイプラインは、2019.3から"The Universal Render Pipeline"と改称され、これまでのStandardシェーダーの代替であることが明示化されました。

 その"The Universal Render Pipeline"の略称が、Unity2019.3.0f4で採用されているパッケージ(7.1.6)まではドキュメントでも"Universal RP"と"URP"が併用されていたのですが、Unity2019.3.0f5から採用されたパッケージ(7.1.7)からは"URP"に統一されるようで、ドキュメントで"Universal RP"と書かれていた箇所がまるっと更新されていました。
f:id:t_tutiya:20200116002811p:plain
 本ブログでも今後はURPで統一します。個人的には"URP"はSEO的にイマイチでは? と思っていたのですが、意外にこの3文字略称って珍しいみたいですね(だから使うことにしたのかも?)。

追伸

 以前から要望が多かったカメラスタッキングは、GitHub上ではすでにドキュメントが公開されていました。7.2から搭載と聞いた気がしますが、どうなるのかな?

https://github.com/Unity-Technologies/ScriptableRenderPipeline/blob/master/com.unity.render-pipelines.universal/Documentation~/camera-stacking.md

Practical Shader Development: Vertex and Fragment Shaders for Game Developers

Practical Shader Development: Vertex and Fragment Shaders for Game Developers

  • 作者:Kyle Halladay
  • 出版社/メーカー: Apress
  • 発売日: 2019/04/11
  • メディア: ペーパーバック